アルバイトの面接を受けるときに気をつけること

就職試験では、学力のテストと面接がありますが、両方に共通して言えることは、徹底的に準備をし、何度も練習をしていけば、突破するチャンスは十分にあるという事です。

アルバイトの面接を受けるときに気をつけること

成果を出す為の面接練習

就職試験では、学力のテストと面接がありますが、両方に共通して言えることは、徹底的に準備をし、何度も練習をしていけば、突破するチャンスは十分にあるという事です。学力テストに関しては、参考書を買って何度もそれをやれば良いという発想は、容易に浮かぶと思いますが、面接に関しては、参考書は読んでも、何度も練習をするという訓練をやらない人が多いようです。面接も慣れの部分が大きいので、繰り返す事で成果は出せるはずです。

練習する上で一番良い方法は、自分を良く知る人に面接官役をやってもらうという方法です。よく知る人とこういった事をするのは、照れくさいと思ってしまうかも知れませんが、こういった自分を知っている故に誤魔化せない相手を選んだ方が、本来の自分の魅力を伝える練習になるはずです。自分の事を全く知らない人と面接の練習をすれば、本当の姿でない、自分の魅力と違う部分を強調してしまったとしても、その事について、指摘してもらえません。面接においては、本当の姿を、自然体で見せていった方が大きなミスをするリスクは小さくできます。変に、違う自分を作り上げてしまうよりは、自分を良く知る人の考える自分の魅力なども聞きながら、自分らしさを突き詰めていきましょう。

Copyright (C)2021アルバイトの面接を受けるときに気をつけること.All rights reserved.